投資

初心者🔰必見!まぎらわしい〇〇率の基本を解説

こんにちは、りんです。

今回は、基本的な指標が何となーく分かったけど

☑ROA,ROE,自己資本比率がごっちゃになる!

という方へ、基本事項~少しステップアップした内容まで解説していきます◎

これを読めば、最低限必要な分析ができるようになるはず!

私も表面的な理解からここまで学んだことで、購入銘柄を決めるときの基準として利用できるようになりました!

一歩ずつ成長していくことが大切ですね😊

そもそも〇〇率ってどれも似てて、イヤになっちゃいません。。?

私もアウトプットになるので一緒に学んでアレルギーをなくしましょう◎

ROIC-WACCについては、長くなるので次回にもちこします。。

それでははじめましょー!

ROEって?

流れとしてどの章でも計算式を提示して、そのあとに分析していきますね。

ROE(自己資本利益率)=①純利益÷売上高×②売上高÷総資産×③総資産÷自己資本

と分解できます。はっ!?って感じですよね。

一つずつ説明します。

①純利益÷売上高(売上高純利益)

これは、いくら売り上げそのうちいくらが利益になるか

例えば10億売り上げて1億売り上げた→10%という【収益性】を表しています。

②売上高÷総資産(総資産回転率)

これは固定・変動資産すべてを合わせて、どの程度の売り上げを上げたか、という【効率性】を表しています。

③総資産÷自己資本(財務レバレッジ)

これが私には難関だった。笑

自己資本=主に株主資本

総資本=自己資本+借入金

と簡単に定義します。

ROEとは「純利益のうちどれだけ自己資本でまかなわれているか」

を示すため高いほど良いと言われていますが、

・借入金が多い(成長・新興企業の可能性も)

・設備投資が多額となる業界

➡高総資産=高ROEになっている可能性がある

と、一概に良いとは言えないですね。

また、業種ごとの比較が必要ですね。

ちなみに総資産:自己資本=2:1が目安ですのようです

☆別の視点でもROEは分析します→(1)、(2)

⑴当期純利益÷自己資本

ということは、【自社株買い】によって発行株式を減らすことで

自己資本を低くし、ROEを高めることも可能である。

⑵ROEを一株当たりに換算すると

PBR=PER×ROE

日本語にすると

株価÷一株当たりの純資産=(株価÷一株当たりの純利益)×(一株当たりの純利益÷一株当たりの純資産)

つまり、PBRが低く割安と感じても、ROEを確認すると当期純利益が低下している可能性もある。

ROEまとめ

上場企業で平均8~10%、20%だと優良企業と言われているROEですが、

①、②の観点である収益力・効率性だけでなく

③の財務レバレッジを分析すると、

借入金が多い可能性や自社株買いによってROEを高めている可能性がある

ことがわかります。これらは、財務諸表で確認できます。

ROAって?

ROA(総資本利益率)=当期純利益÷総資産=①当期純利益÷売上高×②売上高÷総資産

ROEの①、②とおなじで【収益性】や【効率性】を示します。

ROAは総資産が分母にあり【借入金・今まで積み上げた資産・現金】が含まれるため、

ROEよりも広い視点での指標となります。

これも総資産で割っているので業界ごとの比較が有効です。

ROAまとめ

ROAは5%以上が優良企業と言われます

ではここで問題です。

ROEが高く、ROAが低い場合、どのような理由が考えられる❔

10秒経過。。

正解は、、、、大きな借金の可能性あり!

ROE③でもお話ししましたが、

総資産:自己資本=2:1(借入金:自己資本=1:1)

が目安ですが

借入金によってROAの分母は増えますが、ROEの分母は増えません。

ROAのみが低いということは、たくさん借金している可能性があるので、注意して財務諸表を確認しましょう!

このように、

ROA、ROE、財務諸表を複合的に分析することが大切です

自己資本比率

これで今回の○○率は最後ですよ✨

自己資本比率=自己資本÷総資産

あれ。。?なにかに気づきませんか?

そうです!

先ほどの③財務レバレッジの逆数なんです!

そもそも自己資本比率は、総資産のうち返済が必要のない自己資本の割合によって

【企業の安全性】を表しています。

自己資本比率も高いほうがいいに決まってますよね?

でも。。

借金する→財務レバレッジ高くなる→ROE高くなるbut自己資本比率低くなる

つまり、ROEも自己資本比率もどちらも高いほうがいいのに、そうならないことがある。

難しいですね、、

自己資本比率まとめ

自己資本比率は50%だと、他人資本:自己資本=1:1となり、他人資本を自己資本で完済できるので優良企業とされています。

また固定資産の多い製造業や、長期的に利益を出し続け内部留保が多い大企業などは、自己資本が高くなる傾向にあるので

業界ごとの比較が有効です。

まとめ

3つの指標に共通することは、

  • 業種ごとの比較が有効
  • 一概に高いから良いとは言えない
  • 式を分解して他の指標・財務諸表と複合的に分析する

ことが大切ということですね!

今回は、指標の中でも混ざりやすい3つを解説しました☆

ぜひ、個別株購入時の分析に使ってみてください。

次回は残りのROIC-WACCをまとめていきます。

投資は自己責任です。だからこそ、知識をつけることがとっても必要ですね☆

それでは、少しでも多くの方が資産運用を始めるきっかけとなりますように。。

りん

-投資

Copyright© りんの投資BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.